妊娠中のバストトップのマイナートラブル

妊娠!やったあ!と、喜んだのもつかの間、襲ってくるつわりや妊娠中の生活や出産への不安…。

ようやく安定期に入り、気持ちにも余裕と落ち着きが出て、ふと自分のバストトップを見ると、あれ?妊娠前とは違う気がする?!

個人的に妊娠中に気になったバストトップの悩みは

①黒ずんで見える。
②先の部分が痒い。
③乳かすが出てきた。

の3点でした。

①黒ずんで見える。
妊娠中はホルモンバランスの変化で、メラニン色素の沈着が起こりやすく、シミやそばかすが出来やすいと言われています。バストトップは実はメラニン色素が多い部分で、色素沈着が起こりやすいのです。

②何だか先の部分が痒い。
妊娠中はお肌も敏感になり、肌トラブルも起こりやすくなります。バストトップも下着や服などに擦れて痒みや痛みが起こりやすくなります。

③乳かすが出てきた。
妊娠後期になると、乳房の中で母乳を作り出そうとします。そのときにバストトップのわきの部分に乳かすが溜まることがあります。乳かすが出てきたら、オリーブオイルなどで優しく拭くときれいになります。

バストトップの黒ずみ改善のためのクリームも市販されていますが、妊娠中はあまり効果を感じられませんでした。

ですが、出産後、徐々にホルモンバランスが整うと黒ずみも目立たなくなり、痒みもなくなりました。

妊娠中のマイナートラブルに不安を感じることもあるかと思いますが、産めば改善されますので、バストトップに悩まされずに妊娠中の生活を楽しんでいただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください