教員募集の現状は?【看護大学・看護短大】

fcvgbhj

看護師を養成していく学校には、
看護大学・看護短大・看護専門学校・高校の看護科
といったものがありますよね。

どの教育機関であっても、教員の募集は行われているんですよ。
ただし、それぞれの教育機関ごとに教員募集の現状が異なっています。

 

それぞれの教育機関ごとに、どのような形で教員募集が行われているのか
という事を、2記事続けて見ていきましょう。

 

看護大学や看護短大では、教員の採用について
公平性や透明性といったものが求められますので、
「公募」という形で教員募集を行います

看護師免許を所有しており、臨床経験もあり、
研究などに熱心で積極的な人材が求められています。

 

そのために、公募に応募できる条件が
かなり細かく指定されていることが多いんですね。

看護の分野の中でも、自分が得意とする専門分野についての
研究をしているという人材である必要もあるんです。

 

看護大学や看護短大の公募自体は多くあるものの、
中にはすでに採用者が決まっている状態にも関わらず、
公募を行っているという場合もあるんです。

実際に公募があってもなかなか教員として採用されない
というのが現状なんですね。

 

看護大学や看護短大の教員として採用されるためには、
やはり人脈やコネといったものが必要になることもあるようです。