教員募集の現状は?【看護専門学校・高校の看護科】

iuheujf

看護専門学校では、積極的に教員採用が行われていますよ。
看護専門学校は、他の教育機関と比べて、学校の数も多いんですね。

また、教員を教育する必要があるために、若手の教員を採用し、
育成する必要があると感じている学校も多いんですね。

 

そのため、求人サイトなどで探してみると、
看護専門学校の教員を募集しているというところは、
とても多くあるんですよ。

 

高校の看護科の教員募集は、募集自体を積極的に行っていても、
なかなか採用まで至らないというのが現状なんです。

というのも、高校の看護科の場合には、
看護師免許を所持していることや臨床経験があることに加え、
高校の教員免許を所持していることという条件があるからなんですね。

高校の教員には、臨時免許を発行してもらうことが出来ます。
ですが、臨時免許状を発行している各都道府県によって、
対応が異なってくるという問題もあるんです。

 

文部科学省でもこの点については苦労しているので、
看護教員になりたいと思っていて、条件に当てはまっているという方であれば、
採用されやすいという傾向があるんですよ。

 

 

看護教員の給料は?【看護専門学校・高校の看護科の場合】

adehjkeg

看護師を養成する学校の中でも、
給料に幅があるのが看護専門学校の専任教員だと言われているんです。

看護専門学校には運営母体が様々あり、
その運営母体によって給料の金額も変わってくるんですね。

 

経験によっても給料は変わってくることになりますが、
初任給でも基本給ベースで25万円以上が支給されている事が多くなります。

ですが、看護専門学校の場合には、
専任教員養成講習会を修了しなくてはならなかったり、
当然ながらある程度の臨床経験も必要となってきます。

 

看護師としては新人時代を乗り越え、
中堅クラスになった看護師が専任教員になることが出来るんですね。

このような事を考えると、同年代の夜勤有りの看護師と比べて、
給料は低めとなってしまいます。

 

高校の看護科の場合、公立なのか私立なのかによって、
給料が大きく変わります。

公立の場合は、初任給が20万円前後となりますが、
看護師免許を所持しているため資格手当が出ることも多いんです。

 

私立の場合であればかなりの厚待遇であることも多いので、
25万円程度からの給料となる場合が多いんですよ。

高校ではほとんどの場合、教員の履歴が長い人ほど給料が高くなります。
ただ、高校では夜勤や残業手当などはありませんので、
看護師の給料と比べると、やはり低めだと感じる看護師もいるでしょう。