公募の当て馬にならないために・・・

wurejtf

すでに候補者が決まっているような公募は、
いわゆる「出来レース」ですよね。

正直に公募だと思い、急いで書類を用意する人は、
「当て馬」なんて呼ばれ方をされています。

 

当て馬になってしまっては、公募の準備に費やした時間も労力も、
すべて無駄になりますよね。

そのような事にならないためには、
公募に信頼性があるのかどうかという事を考えなくてはなりません。

 

公募の期間はどのくらいなのかということと、
専門性や経験がどのくらい必要なのか、という点についてしっかりと考えながら、
公募情報をチェックしていくことが大切になります。

このようにすることで、当て馬とならないようにしたいですよね。

 

看護大学や看護短大などでの教員公募は、一般的な応募書類とは
異なった独特の書類が多く必要となります。

研究室に在籍しているという人であれば、
担当の教授などに指導してもらいつつ、書き上げていく事も出来ますよね。

 

ですが、現在看護師として働いている人は、
この書類作りで断念してしまうという事も多いんですよ。

公募独特の多くの書類をしっかりと書き上げていく必要がありますので、
書き方などの専門的な知識を持っている人にアドバイスしてもらう
という事が大切になります。

 

看護師専門の転職サイトなどを利用すると、
的確なアドバイスをもらえることもありますよ。