教員募集の現状は?【看護専門学校・高校の看護科】

iuheujf

看護専門学校では、積極的に教員採用が行われていますよ。
看護専門学校は、他の教育機関と比べて、学校の数も多いんですね。

また、教員を教育する必要があるために、若手の教員を採用し、
育成する必要があると感じている学校も多いんですね。

 

そのため、求人サイトなどで探してみると、
看護専門学校の教員を募集しているというところは、
とても多くあるんですよ。

 

高校の看護科の教員募集は、募集自体を積極的に行っていても、
なかなか採用まで至らないというのが現状なんです。

というのも、高校の看護科の場合には、
看護師免許を所持していることや臨床経験があることに加え、
高校の教員免許を所持していることという条件があるからなんですね。

高校の教員には、臨時免許を発行してもらうことが出来ます。
ですが、臨時免許状を発行している各都道府県によって、
対応が異なってくるという問題もあるんです。

 

文部科学省でもこの点については苦労しているので、
看護教員になりたいと思っていて、条件に当てはまっているという方であれば、
採用されやすいという傾向があるんですよ。

 

 

教員募集の現状は?【看護大学・看護短大】

fcvgbhj

看護師を養成していく学校には、
看護大学・看護短大・看護専門学校・高校の看護科
といったものがありますよね。

どの教育機関であっても、教員の募集は行われているんですよ。
ただし、それぞれの教育機関ごとに教員募集の現状が異なっています。

 

それぞれの教育機関ごとに、どのような形で教員募集が行われているのか
という事を、2記事続けて見ていきましょう。

 

看護大学や看護短大では、教員の採用について
公平性や透明性といったものが求められますので、
「公募」という形で教員募集を行います

看護師免許を所有しており、臨床経験もあり、
研究などに熱心で積極的な人材が求められています。

 

そのために、公募に応募できる条件が
かなり細かく指定されていることが多いんですね。

看護の分野の中でも、自分が得意とする専門分野についての
研究をしているという人材である必要もあるんです。

 

看護大学や看護短大の公募自体は多くあるものの、
中にはすでに採用者が決まっている状態にも関わらず、
公募を行っているという場合もあるんです。

実際に公募があってもなかなか教員として採用されない
というのが現状なんですね。

 

看護大学や看護短大の教員として採用されるためには、
やはり人脈やコネといったものが必要になることもあるようです。