看護教員 募集中! イイ求人を紹介

header
 
caution
看護教員の求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、看護教員の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、看護教員の求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは看護教員の条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトを紹介します。


rank02

ナースフル
5-300

 

実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して看護教員の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 看護教員求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

 


看護教員と一口に言っても、実は様々な種類があります。基本的に看護教員となるには、看護師の免許とある程度の臨床経験、そして、看護教員の採用試験に合格することが必要になります。ただ、高校の看護科の教員に関しては、異なる条件があるんです。それは、教育学部を卒業し、高等学校教員免許(看護)の免許を取得しなくてはならないという事です。
この高等学校教員免許(看護)を取得すると、臨床経験がなくとも都道府県の教員採用試験を受験することができるんですね。合格すれば、教員として働くことが出来ますよ。ですが、採用にあたり臨床経験が必要とされる場合も、実際にはあるんですよ。

大学の教員となる場合には、基本的に臨床経験が5年以上必要となります。さらに、研究者としての実績も必要となりますよ。また、ある程度の人脈も必要です。大学や大学院を卒業した後でも、研究室や教授との繋がりを持ち、公募情報などもしっかりとチェックすることが大切です。
将来看護教員になりたいという場合、まずはどのような学校で教えたいのかを明確にしてから進路を選び、その後の道もしっかりと考えなくてはなりません。教員になれる最低年齢もありますよ。看護教員を突然目指しても、すぐになれるわけではありませんので、このような点についてしっかりと考えておく必要があります。



看護教員として働く魅力には、いくつかのものがあります。まず、やはり地位がある程度安定していることです。そして、勤務時間も決まっているということも魅力です。看護師といえば、日勤と夜勤を不規則に繰り返すシフト勤務となりますので、生活のリズムが整いづらいという点がありますよね。また、体力的にもかなり消耗が激しい上に、精神的な負担も大きくなります。
今までこのような環境で勤務していた看護師にとっては、安定した地位や勤務時間というのはとても魅力的に感じると思います。定時退社も可能ですし、夜勤も残業もありません。ですが、この残業が無いというのは、実は表面上だけだという点は、注意しておきたい部分でもあります。

看護教員の給料は、基本的に残業をした場合に手当てが支給されないという事が多くなります。例えば、部活動などを担当することになった際、部活動で費やす時間というのは、給料や手当を受けることが難しいんですね。これは、中学や高校の教員の場合でも、同じような状況となります。
看護専門学校では部活動が無いことが多くなりますので、部活動のための残業というのは、あまりありません。ただ、大学などに勤務した場合、部活動ではなく研究作業による残業や持ち帰りなどが起きることがありますよ。この場合も、手当が支給されないことが多いんですね。学校によってもこの辺りには違いがありますので、応募の際に確認しておくことが大切です。


看護学生として教育を受けていた際にはあまり感じなかったかもしれませんが、看護教員はその日の講義のために様々な準備を行っているんですね。看護教員となった際には、そのような授業の準備を行わなくてはなりません。この授業の準備というのは、勤務時間外に行うことになるんです。まだ看護知識も技術も無い学生に、看護知識や技術を分かりやすく指導するためには、
図解や資料などを用いて、分かりやすい授業を行う必要がありますよね。経験の長い看護教員であれば、ある程度の資料や図解はあるのですが、看護教員の経験が浅い場合、この資料や図解作りにかなり時間をかけることになります。ただ、この努力が、生徒たちが授業を理解し、看護師免許を取得することに繋がりますので、欠かせない努力ということになりますよね。

看護教員のやりがいは、やはり教え子が看護師の国家資格を取得し、看護師として学校を卒業していく時に感じられるものです。国家試験が近くなれば、補講を行いたい場合もありますし、個別に教員の元へ指導を仰ぎに来る学生も居ます。正直、このような部分については手当などは支給されませんので、教えたいと感じるか、面倒だから教えたくないと感じるかは、教員の胸の内次第となります。
ですが、この補講や放課の指導によっては、学生の国家資格取得を左右させることもありますよね。教員の多くは、教え子のために無償で残業をするというのが、現状となっています。教員となるのであれば、やはり「面倒」なんて考え方はしてほしくはないものです。


看護教員となるには、必要となる条件があります。まず第一に、看護師としてのスキルがあるかどうかという事です。看護教員の求人に応募する際には、最低でも5年以上の臨床経験が必要となります。看護専門学校の教員となるためには、それに加えて教員になるための研修を受講し、教員としての資格を取得しなくてはなりません。
高校の看護科の教員となるためには、高等学校教員免許状(看護)を取得しなくてはなりません。大学や短大の場合であれば、研究実績なども必要とされますよ。このように、看護教員となる学校によって、必要とされる条件というのは異なっています。共通して言える事は、やはり臨床経験が5年以上必要だという事です。

また、人間として魅力的であることも必要です。学生を看護師として立派に育て上げるには、指導しなくてはなりませんよね。自分が出来る看護技術や、知っている看護知識というものを人に教えることは、実はとても難しいことなんです。自分が持っているものを教えていくためには、学生と信頼関係を築き、コミュニケーションもはからなくてはなりません。
いくら教えるのが上手い教員であっても、それが上辺だけとなれば、学生は興味を失くしてしまうことも考えられます。人として魅力的な人からの教えというものは、やはり身につきやすいものですよね。看護師としてのスキルがあり、教える立場の人間として、魅力的であることがとても大切になります。