fnwut

看護教員の給料は?【看護大学の場合】

fnwut

看護学校に勤務する教員の給料って、どのくらいなのか気になりませんか?
一体どのくらいの給料・年収を貰っているのか、
想像してみた事がある看護師もいるのではないでしょうか。

看護師を育成していく仕事だから、かなり良い給料なんだろうな
と思う看護師も多いと思います。
ですが、実際には想像よりも高くないんですよ。

 

おおまかではありますが、看護大学の教員は、
35歳の助教が月28万円で、年収だと約400万円前後です。

看護専門学校の教員は、初任給が月24万円前後で、
年収だと約380万円程度です。

 

高校の看護科の教員は、月23万円前後で、
年収は380万円前後というような結果になっています。

看護大学や看護短大の場合であれば、給料や年収は、
その大学の「本給表(俸給表)」に基づいた形で支給されることになります。

http://iphone-au.jp/

 

大学の場合であれば、講師・教授・助教授といったようなランクがありますよね。
このランクが「級」で表されているんです。
そして、教員としての経験は、「号級」で表しています。

例えば、35歳の助教授の場合であれば、教育職一の本給表に基づき、
2級(助教)54号俸ということろに該当する給料が支給されることになります。

 

これが、一般的な企業でいう基本給です。ここに各種手当がつくのですが、
学校によっては手当がつく場合とつかない場合があるんですね。

基本的には大学では教員も研究職となりますので、
夜勤手当や休日手当というものは無いんです。

 

勤務実績が長く教授などにならない限りは、
夜勤有りの同年代の看護師と比べると、
給料がやや低めになることが多いんですよ。