uiefjk

看護大学で教員採用されるために【1】

uiefjk

看護大学で教員として採用される為に、
最低でも3年間の現場での経験が必要となります。

大学の教員の場合は、研究室に残り、
声がかかるまで助手を務めるという事が多くなっているんですよ。

 

ですが、先ほどもご説明したように、看護大学の教員となるには、
最低でも3年間の臨床経験が必要となります。
ですが、本当ならば5年間は臨床経験が欲しいところなんですね。

そのため、まず看護大学を卒業し、5年間の臨床経験を積んだ後で、
修士課程に進むというのが一般的なルートになります。

 

看護大学で教員として働くには、看護大学を卒業し、
現場での経験を積んだだけでは採用されにくいというのも事実です。

修士課程を修了したら、次は看護大学院に入学し、
博士課程を修了するのが良いですよ。

 

すでに臨床経験がある状態で博士課程に進むと、
あとの人脈作りがすやすくなりますよね。
看護大学の教員の場合には、この人脈作りというのがとても大切になってくるんですよ。

逆に言えば、人脈がなくては大学の看護教員になるのはかなり難しいとも言えます。
その人脈を作りやすくするためにも、そして学歴といった意味でも、
大学卒よりも大学院卒の方が教員採用がされやすくなりますよ。

 

大学院で研究を行いつつ人脈を広げ、
研究成果をレポートにまとめて発表していくことが大切です。