人気の看護教員へ転職するノウハウ公開!

職場により異なる選考基準

wokighb
看護教員は看護学校の教師として働く方法で、
看護師資格を取得してから別途採用募集を受け、
面接や試験を行うことになります。


要綱はそれぞれの自治体や学校によって
選考基準が設定されています。

 

自治体採用の場合には養成研修所などで
一定の技術を身に着けたりする必要があります。

学校に通って
コースを修めるという方法もあります。

 

実践だけでなく理論も必要になるほか、
教員として必要な素質を身に着け、
学生の能力を伸ばすことができるよう
指導力も必要になります。

 
 
 

転職には魅力的な職場

臨床経験の豊富な人を採用する傾向が強いですが、
専門学校や高校などの場合には経験が浅くても
研修の修了証があれば応募資格があると
みなされる場合もあります。

看護の知識と経験だけでなく、
教員としての知識も必要になりますので、
資格の有無も大切ですが自分が教員として
ふさわしいかどうかを考えて応募する必要があります。

 

一般企業と同様の待遇で勤務できますので
転職先として魅力的
です。

しかし、臨床から外れることになりますので、
看護師の実務経験として
ブランクが生じることにもなります。

 

どういうライフプランで生活をしていきたいのかを
しっかり考えてから募集に応募する必要がある
のです。

 
 
 

5年間の実務経験が必要

oljfggdy
看護教員になるには、
看護師の資格を持っていることが最低条件です。

そのため、現場で働いている人が
学生に教えることになるので、
より実践的な授業になるでしょう。

 

募集要項にも記載されているかもしれませんが、
試験を受ける場合、
5年間は病院で働いていたことが条件
です。

また看護師の資格を有している事で、
現場復帰もできることもあるし、日勤希望であれば、
献血ルームで働くという選択肢もあります。

 

また、訪問介護をすることで、
介護認定を受けている人のお世話もできるし、
デイサービスでお年寄りの相手をして
過ごすこともできます。

 
 
 

様々な職場で有効な看護師免許

子供が好きな場合は、乳児院で働くことも可能なので、
看護師の資格を有している事で、
転職先の幅が広がってくると言えます。

看護師免許はそれだけいろいろなところで
仕事が出来る国家資格
なので、
看護職員を辞めることになっても
別の道もあるということです。

 

また、助産師の資格を持っていたりすれば、
より専門的な教員として招かれることがあるでしょう。

結果的に、現場でどれだけ実践を積んできたかが重要で、
その経緯によって持っている資格と、
生かせる仕事の幅が広がっていくと考えられるのです。
専門分野の資格を持っていれば有利です。