看護教員 募集中! イイ求人を紹介

header
 
caution
看護教員の求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、看護教員の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、看護教員の求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは看護教員の条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトを紹介します。


rank02

ナースフル
5-300

 

実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して看護教員の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 看護教員求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

 


看護教員と一口に言っても、実は様々な種類があります。基本的に看護教員となるには、看護師の免許とある程度の臨床経験、そして、看護教員の採用試験に合格することが必要になります。ただ、高校の看護科の教員に関しては、異なる条件があるんです。それは、教育学部を卒業し、高等学校教員免許(看護)の免許を取得しなくてはならないという事です。
この高等学校教員免許(看護)を取得すると、臨床経験がなくとも都道府県の教員採用試験を受験することができるんですね。合格すれば、教員として働くことが出来ますよ。ですが、採用にあたり臨床経験が必要とされる場合も、実際にはあるんですよ。

大学の教員となる場合には、基本的に臨床経験が5年以上必要となります。さらに、研究者としての実績も必要となりますよ。また、ある程度の人脈も必要です。大学や大学院を卒業した後でも、研究室や教授との繋がりを持ち、公募情報などもしっかりとチェックすることが大切です。
将来看護教員になりたいという場合、まずはどのような学校で教えたいのかを明確にしてから進路を選び、その後の道もしっかりと考えなくてはなりません。教員になれる最低年齢もありますよ。看護教員を突然目指しても、すぐになれるわけではありませんので、このような点についてしっかりと考えておく必要があります。



看護教員として働く魅力には、いくつかのものがあります。まず、やはり地位がある程度安定していることです。そして、勤務時間も決まっているということも魅力です。看護師といえば、日勤と夜勤を不規則に繰り返すシフト勤務となりますので、生活のリズムが整いづらいという点がありますよね。また、体力的にもかなり消耗が激しい上に、精神的な負担も大きくなります。
今までこのような環境で勤務していた看護師にとっては、安定した地位や勤務時間というのはとても魅力的に感じると思います。定時退社も可能ですし、夜勤も残業もありません。ですが、この残業が無いというのは、実は表面上だけだという点は、注意しておきたい部分でもあります。

看護教員の給料は、基本的に残業をした場合に手当てが支給されないという事が多くなります。例えば、部活動などを担当することになった際、部活動で費やす時間というのは、給料や手当を受けることが難しいんですね。これは、中学や高校の教員の場合でも、同じような状況となります。
看護専門学校では部活動が無いことが多くなりますので、部活動のための残業というのは、あまりありません。ただ、大学などに勤務した場合、部活動ではなく研究作業による残業や持ち帰りなどが起きることがありますよ。この場合も、手当が支給されないことが多いんですね。学校によってもこの辺りには違いがありますので、応募の際に確認しておくことが大切です。


看護学生として教育を受けていた際にはあまり感じなかったかもしれませんが、看護教員はその日の講義のために様々な準備を行っているんですね。看護教員となった際には、そのような授業の準備を行わなくてはなりません。この授業の準備というのは、勤務時間外に行うことになるんです。まだ看護知識も技術も無い学生に、看護知識や技術を分かりやすく指導するためには、
図解や資料などを用いて、分かりやすい授業を行う必要がありますよね。経験の長い看護教員であれば、ある程度の資料や図解はあるのですが、看護教員の経験が浅い場合、この資料や図解作りにかなり時間をかけることになります。ただ、この努力が、生徒たちが授業を理解し、看護師免許を取得することに繋がりますので、欠かせない努力ということになりますよね。

看護教員のやりがいは、やはり教え子が看護師の国家資格を取得し、看護師として学校を卒業していく時に感じられるものです。国家試験が近くなれば、補講を行いたい場合もありますし、個別に教員の元へ指導を仰ぎに来る学生も居ます。正直、このような部分については手当などは支給されませんので、教えたいと感じるか、面倒だから教えたくないと感じるかは、教員の胸の内次第となります。
ですが、この補講や放課の指導によっては、学生の国家資格取得を左右させることもありますよね。教員の多くは、教え子のために無償で残業をするというのが、現状となっています。教員となるのであれば、やはり「面倒」なんて考え方はしてほしくはないものです。


看護教員となるには、必要となる条件があります。まず第一に、看護師としてのスキルがあるかどうかという事です。看護教員の求人に応募する際には、最低でも5年以上の臨床経験が必要となります。看護専門学校の教員となるためには、それに加えて教員になるための研修を受講し、教員としての資格を取得しなくてはなりません。
高校の看護科の教員となるためには、高等学校教員免許状(看護)を取得しなくてはなりません。大学や短大の場合であれば、研究実績なども必要とされますよ。このように、看護教員となる学校によって、必要とされる条件というのは異なっています。共通して言える事は、やはり臨床経験が5年以上必要だという事です。

また、人間として魅力的であることも必要です。学生を看護師として立派に育て上げるには、指導しなくてはなりませんよね。自分が出来る看護技術や、知っている看護知識というものを人に教えることは、実はとても難しいことなんです。自分が持っているものを教えていくためには、学生と信頼関係を築き、コミュニケーションもはからなくてはなりません。
いくら教えるのが上手い教員であっても、それが上辺だけとなれば、学生は興味を失くしてしまうことも考えられます。人として魅力的な人からの教えというものは、やはり身につきやすいものですよね。看護師としてのスキルがあり、教える立場の人間として、魅力的であることがとても大切になります。

 

 

公募の当て馬にならないために・・・

wurejtf

すでに候補者が決まっているような公募は、
いわゆる「出来レース」ですよね。

正直に公募だと思い、急いで書類を用意する人は、
「当て馬」なんて呼ばれ方をされています。

 

当て馬になってしまっては、公募の準備に費やした時間も労力も、
すべて無駄になりますよね。

そのような事にならないためには、
公募に信頼性があるのかどうかという事を考えなくてはなりません。

 

公募の期間はどのくらいなのかということと、
専門性や経験がどのくらい必要なのか、という点についてしっかりと考えながら、
公募情報をチェックしていくことが大切になります。

このようにすることで、当て馬とならないようにしたいですよね。

 

看護大学や看護短大などでの教員公募は、一般的な応募書類とは
異なった独特の書類が多く必要となります。

研究室に在籍しているという人であれば、
担当の教授などに指導してもらいつつ、書き上げていく事も出来ますよね。

 

ですが、現在看護師として働いている人は、
この書類作りで断念してしまうという事も多いんですよ。

公募独特の多くの書類をしっかりと書き上げていく必要がありますので、
書き方などの専門的な知識を持っている人にアドバイスしてもらう
という事が大切になります。

 

看護師専門の転職サイトなどを利用すると、
的確なアドバイスをもらえることもありますよ。

 

 

気をつけて!その公募は偽物かも

oiqwrhujwe

看護師を養成する学校が看護教員を探す場合には、
基本的に公募という形での募集を行っています。

この公募は、学校内外から広く人材を募集するために行われるのですが、
中には公募という形をとっているだけというケースもあるんですね。

 

ネットで検索してみると、看護教員の公募は想像以上の数がありますし、
自分にも応募できそうだと感じるものもあるかもしれません。

ですが、この公募すべてが、純粋に行われている公募とは限らないんですね。

 

すでに候補者が確保されているけれど、
教員を採用するには公募という形をとらなくてはならないために、
形式上公募にしたという場合も以外と多いんです。

「公募がある=求人が多い」と考えるのは、少し間違っているんですよ。

 

公募で看護教員を募集しているのは、主に看護大学や看護短大などになります。
実は、大学や短大では、教員を採用するには公平性や透明性が必要だと、
文部科学省から指導がなされたんです。

ですので、例え候補者が居ても、
公募を行うという事が多くなってしまっているんですね。

 

このような公募の特徴として、
「公募に必要とされる書類が多く、準備するだけでもかなりの日数が必要となるのに、
公募開始から締め切りまでの期間が短い」というものがあります。

候補者には十分な時間をすでに与えている状態にして
他の応募者の準備が間に合わないように、わざとそうしている事がありますよ。

 

 

教員募集の現状は?【看護専門学校・高校の看護科】

iuheujf

看護専門学校では、積極的に教員採用が行われていますよ。
看護専門学校は、他の教育機関と比べて、学校の数も多いんですね。

また、教員を教育する必要があるために、若手の教員を採用し、
育成する必要があると感じている学校も多いんですね。

 

そのため、求人サイトなどで探してみると、
看護専門学校の教員を募集しているというところは、
とても多くあるんですよ。

 

高校の看護科の教員募集は、募集自体を積極的に行っていても、
なかなか採用まで至らないというのが現状なんです。

というのも、高校の看護科の場合には、
看護師免許を所持していることや臨床経験があることに加え、
高校の教員免許を所持していることという条件があるからなんですね。

高校の教員には、臨時免許を発行してもらうことが出来ます。
ですが、臨時免許状を発行している各都道府県によって、
対応が異なってくるという問題もあるんです。

 

文部科学省でもこの点については苦労しているので、
看護教員になりたいと思っていて、条件に当てはまっているという方であれば、
採用されやすいという傾向があるんですよ。

 

 

教員募集の現状は?【看護大学・看護短大】

fcvgbhj

看護師を養成していく学校には、
看護大学・看護短大・看護専門学校・高校の看護科
といったものがありますよね。

どの教育機関であっても、教員の募集は行われているんですよ。
ただし、それぞれの教育機関ごとに教員募集の現状が異なっています。

 

それぞれの教育機関ごとに、どのような形で教員募集が行われているのか
という事を、2記事続けて見ていきましょう。

 

看護大学や看護短大では、教員の採用について
公平性や透明性といったものが求められますので、
「公募」という形で教員募集を行います

看護師免許を所有しており、臨床経験もあり、
研究などに熱心で積極的な人材が求められています。

 

そのために、公募に応募できる条件が
かなり細かく指定されていることが多いんですね。

看護の分野の中でも、自分が得意とする専門分野についての
研究をしているという人材である必要もあるんです。

 

看護大学や看護短大の公募自体は多くあるものの、
中にはすでに採用者が決まっている状態にも関わらず、
公募を行っているという場合もあるんです。

実際に公募があってもなかなか教員として採用されない
というのが現状なんですね。

 

看護大学や看護短大の教員として採用されるためには、
やはり人脈やコネといったものが必要になることもあるようです。

 

 

看護教員の給料は?【看護専門学校・高校の看護科の場合】

adehjkeg

看護師を養成する学校の中でも、
給料に幅があるのが看護専門学校の専任教員だと言われているんです。

看護専門学校には運営母体が様々あり、
その運営母体によって給料の金額も変わってくるんですね。

 

経験によっても給料は変わってくることになりますが、
初任給でも基本給ベースで25万円以上が支給されている事が多くなります。

ですが、看護専門学校の場合には、
専任教員養成講習会を修了しなくてはならなかったり、
当然ながらある程度の臨床経験も必要となってきます。

 

看護師としては新人時代を乗り越え、
中堅クラスになった看護師が専任教員になることが出来るんですね。

このような事を考えると、同年代の夜勤有りの看護師と比べて、
給料は低めとなってしまいます。

 

高校の看護科の場合、公立なのか私立なのかによって、
給料が大きく変わります。

公立の場合は、初任給が20万円前後となりますが、
看護師免許を所持しているため資格手当が出ることも多いんです。

 

私立の場合であればかなりの厚待遇であることも多いので、
25万円程度からの給料となる場合が多いんですよ。

高校ではほとんどの場合、教員の履歴が長い人ほど給料が高くなります。
ただ、高校では夜勤や残業手当などはありませんので、
看護師の給料と比べると、やはり低めだと感じる看護師もいるでしょう。

 

 

看護教員の給料は?【看護大学の場合】

fnwut

看護学校に勤務する教員の給料って、どのくらいなのか気になりませんか?
一体どのくらいの給料・年収を貰っているのか、
想像してみた事がある看護師もいるのではないでしょうか。

看護師を育成していく仕事だから、かなり良い給料なんだろうな
と思う看護師も多いと思います。
ですが、実際には想像よりも高くないんですよ。

 

おおまかではありますが、看護大学の教員は、
35歳の助教が月28万円で、年収だと約400万円前後です。

看護専門学校の教員は、初任給が月24万円前後で、
年収だと約380万円程度です。

 

高校の看護科の教員は、月23万円前後で、
年収は380万円前後というような結果になっています。

看護大学や看護短大の場合であれば、給料や年収は、
その大学の「本給表(俸給表)」に基づいた形で支給されることになります。

http://iphone-au.jp/

 

大学の場合であれば、講師・教授・助教授といったようなランクがありますよね。
このランクが「級」で表されているんです。
そして、教員としての経験は、「号級」で表しています。

例えば、35歳の助教授の場合であれば、教育職一の本給表に基づき、
2級(助教)54号俸ということろに該当する給料が支給されることになります。

 

これが、一般的な企業でいう基本給です。ここに各種手当がつくのですが、
学校によっては手当がつく場合とつかない場合があるんですね。

基本的には大学では教員も研究職となりますので、
夜勤手当や休日手当というものは無いんです。

 

勤務実績が長く教授などにならない限りは、
夜勤有りの同年代の看護師と比べると、
給料がやや低めになることが多いんですよ。

 

 

看護大学で教員採用されるために【2】

wihejf

看護大学で教員となるには、様々な看護の分野において
スペシャリストとなることも大切になってきます。

ということは、専門看護師や認定看護師といった資格を
取得しなくてはならないのかと考える看護師もおられるかと思いますが、
実は教員として採用される上では、専門看護師や認定看護師などの資格は不要なんです。

 

というのも、専門看護師や認定看護師は臨床寄りの資格ですので、
研究職として必要になる資格ではないからなんですね。

看護師としての資格をとる事よりも、より専門分野について研究し、
一つでも多くの論文を発表していくことが大切になります。

 

看護大学で教員として働くには、教員のポストに空きがなくては、
教員として採用されることが無いんです。

つまり、自分がとある大学で教員として働きたいと思っても、
その大学に教員の空きが無くては難しいということになりますよね。

 

そこで、「私はどの大学でも構いません。どこにでも行きます」
という姿勢で、どこかの看護大学の教員に空きがないか常に目を配り、
人脈を通じて情報を得るという事が大切になります。

看護教員として採用される前には、助手などを務め、
教育経験を積み重ねておく事もとても大切になります。

 

教育経験というのは、大学の教員として採用される過程において、
かなり重要視される項目でもあるんですよ。

研究の論文を発表し続ける事と、人脈を広げる事。
この2つを徹底して行うことが、
看護大学で教員として採用されるために必須となる事なんですね。

 

 

看護大学で教員採用されるために【1】

uiefjk

看護大学で教員として採用される為に、
最低でも3年間の現場での経験が必要となります。

大学の教員の場合は、研究室に残り、
声がかかるまで助手を務めるという事が多くなっているんですよ。

 

ですが、先ほどもご説明したように、看護大学の教員となるには、
最低でも3年間の臨床経験が必要となります。
ですが、本当ならば5年間は臨床経験が欲しいところなんですね。

そのため、まず看護大学を卒業し、5年間の臨床経験を積んだ後で、
修士課程に進むというのが一般的なルートになります。

 

看護大学で教員として働くには、看護大学を卒業し、
現場での経験を積んだだけでは採用されにくいというのも事実です。

修士課程を修了したら、次は看護大学院に入学し、
博士課程を修了するのが良いですよ。

 

すでに臨床経験がある状態で博士課程に進むと、
あとの人脈作りがすやすくなりますよね。
看護大学の教員の場合には、この人脈作りというのがとても大切になってくるんですよ。

逆に言えば、人脈がなくては大学の看護教員になるのはかなり難しいとも言えます。
その人脈を作りやすくするためにも、そして学歴といった意味でも、
大学卒よりも大学院卒の方が教員採用がされやすくなりますよ。

 

大学院で研究を行いつつ人脈を広げ、
研究成果をレポートにまとめて発表していくことが大切です。

 

 

人気の看護教員へ転職するノウハウ公開!

職場により異なる選考基準

wokighb
看護教員は看護学校の教師として働く方法で、
看護師資格を取得してから別途採用募集を受け、
面接や試験を行うことになります。


要綱はそれぞれの自治体や学校によって
選考基準が設定されています。

 

自治体採用の場合には養成研修所などで
一定の技術を身に着けたりする必要があります。

学校に通って
コースを修めるという方法もあります。

 

実践だけでなく理論も必要になるほか、
教員として必要な素質を身に着け、
学生の能力を伸ばすことができるよう
指導力も必要になります。

 
 
 

転職には魅力的な職場

臨床経験の豊富な人を採用する傾向が強いですが、
専門学校や高校などの場合には経験が浅くても
研修の修了証があれば応募資格があると
みなされる場合もあります。

看護の知識と経験だけでなく、
教員としての知識も必要になりますので、
資格の有無も大切ですが自分が教員として
ふさわしいかどうかを考えて応募する必要があります。

 

一般企業と同様の待遇で勤務できますので
転職先として魅力的
です。

しかし、臨床から外れることになりますので、
看護師の実務経験として
ブランクが生じることにもなります。

 

どういうライフプランで生活をしていきたいのかを
しっかり考えてから募集に応募する必要がある
のです。

 
 
 

5年間の実務経験が必要

oljfggdy
看護教員になるには、
看護師の資格を持っていることが最低条件です。

そのため、現場で働いている人が
学生に教えることになるので、
より実践的な授業になるでしょう。

 

募集要項にも記載されているかもしれませんが、
試験を受ける場合、
5年間は病院で働いていたことが条件
です。

また看護師の資格を有している事で、
現場復帰もできることもあるし、日勤希望であれば、
献血ルームで働くという選択肢もあります。

 

また、訪問介護をすることで、
介護認定を受けている人のお世話もできるし、
デイサービスでお年寄りの相手をして
過ごすこともできます。

 
 
 

様々な職場で有効な看護師免許

子供が好きな場合は、乳児院で働くことも可能なので、
看護師の資格を有している事で、
転職先の幅が広がってくると言えます。

看護師免許はそれだけいろいろなところで
仕事が出来る国家資格
なので、
看護職員を辞めることになっても
別の道もあるということです。

 

また、助産師の資格を持っていたりすれば、
より専門的な教員として招かれることがあるでしょう。

結果的に、現場でどれだけ実践を積んできたかが重要で、
その経緯によって持っている資格と、
生かせる仕事の幅が広がっていくと考えられるのです。
専門分野の資格を持っていれば有利です。